英語と韓国語どちらも使える二刀流のイサム君『やると決めたら一直線』

海外に出ている人

最近ふと気がつくと、私の周りには海外に出たことがあったり、海外で活躍していたり、ニッチなスキルや経験をしている人がたくさんいることに気がつきました。

そして、皆さん揃いもそろって魅力的。

ポジティブで、自分の好きなことを追い求めているって感じでキラキラしています。

そんな素敵な人たちのことを、インタビューを通してもっと知りたいと思ったことから、このインタービューを始めることにしました。

そして、今回はインターンの同期である、イサム君にインタビューさせてもらいました。

いさむ君のプロフィール

慶應義塾大学⇨⇨単位取得後に在学期間延長中
韓国語話せる(TOPIK6級保持者そして韓国留学経験者)
英語も話せます(英検1級保持)
GJJ海外就職デスクでインターン中

ツイッター:いさむ@GJJ海外就職デスクインターン
ブログ:グローバルライフ

海外に興味を持ったきっかけ

あやの

大学生になる前から海外に興味があったのですか?

いいえ。

中高生時代はバスケに夢中でした。
そして部活を引退すると受験勉強に一直線といった、中高生時代でした。

あやの

ほぉ、では大学生にになってから何かきっかけがあったのですね!?!

はい。

でも大学1・2年生の時は、特に海外に関心があったわけではありませんでした。

サークルに入ったり、弁護士になるための塾にいてみたり、ファッションに目覚めたりと。

色々なことにハマっていました。

韓国語にハマったのは3年生をきっかけに、海外に興味を持ちました。

韓国語との出会い

あやの

何で韓国語を勉強しようと思ったのですか?

サークルなどで、韓国人の友達が多くいたり新大久保が好きだったので、もともと韓国には興味がありましたが、きっかけは「一時間でハングルが読めるようになる本」と出会ったことです。

実際本屋さんで1時間立ち読みをしてみました。

あやの

え、1時間も!?!?

はい笑
そしたら、本当に音声が読めるようになりました!

そこから一直線にズッポリと韓国語にハマり、TOPIK5級合格後に韓国留学に行きました!

あやの

いさむ君の短期間での韓国語上達方法が詰まっている、ブログ記事はこちらです。

韓国語留学を経てTOPIK6級合格

大学4年生で韓国留学を決意

TOPIK5級合格後に、大学4回生で短期留学を決意した、イサム君。

あやの

4回生で就活で忙しくなる中で、韓国留学に行くことに迷いはなかったですか?

ありませんでした。

短期間だとしても実際に現地に住み、その言語を使って住む生活を経験することで、文化への理解も進み、また出会いを通した新たなひらめきや発見が出来るのではないかと思ったし、それができるのは大学生の今しかないと感じたので。

留学期間を有効に過ごす方法

いさむ君的留学期間を有効に過ごすtips
  • 事前にある程度勉強して行く
    →現地で上のクラスを狙える
  • 現地に繋がりを作っておく
    (アプリも使ったらしい!)
  • 現地で出会った友達と出かける

あやの

韓国留学は日本人が多い印象ですが、どうやって日本語ばかりの生活にならないように気をつけたのですか?

まず、留学前にある程度韓国語が話せる状態にして行っていたので、一番上のクラスに入れました。そこでは韓国語以外は禁止ルールがしっかりと、守られていたので日本語になることはなかったです。

さらにルームメートのアメリカ人と、一緒にご飯屋さんに行ったり、買い物に出かけたりして、韓国文化を楽しみました。

日本の大学に交換留学に来ていて、韓国に帰国していた友達と再会したり、その子たちから新しい友達を紹介してもらったりして、充実した留学生活でした!

韓国留学を終えて

あやの

イサム君の韓国留学中、日韓関係がよく話題になってましたが、何か意識したことはありますか?

日韓に不安はありつつも、留学に行きましたが特に悪いことは起きなかったです。

デモや日本製品に関するネガティブな標識などはありましたが、政治と人はしっかりと分かれていると感じました。
皆とても親切でした。

あやの

韓国留学を終えてから、韓国語のスキルが伸びたなと感じた瞬間はありましたか?

はい、最初に驚いたことは空港で人とぶつかってしまった時に韓国語で謝ってしまったことです笑

あやの

エーーーーー!?留学後のまさに理想の姿じゃないですか(^ ^)

そうですね〜笑
1ヶ月間ずっと韓国語ずけだったからかなぁ。

あと、帰国後にTOPIK6級に合格できました!!!

韓国語学習を初めて目覚めた「海外へ出たい」という思い

英語学習

あやの

いさむ君は英語も流暢な印象ですが、いつからこんなに話せるようになったのですか?

韓国語学習を進めて行くうちに、外国語へのモチベーションが高まったし、自分の可能性を日本だけに限定してしますのはもったいないのではないか!と思うようになりました。

英語学習は受験勉強以来していなかったので、会話中心に自分で勉強しつつMeetUpなどに参加してアウトプットを行いました。

あやの

やっぱり、アウトプットする機会を確保するのって重要ですよねぇ。
そういえば、英検1級も持ってましたよね?

はい、英検1級取得に関する記事を書いたので是非ご覧ください!

そして、就活もそれなりにしていましたが、卒業を一年延ばして留学に行くことを考え始めました。

今後について

あやの

今はGJJ海外就職デスクでインターン生として活躍していますが、これからのプランはありますか?

9月から、イギリスへ学部留学するはずだったのがコロナの影響でなくなってしまったので、今は就職活動に集中しています。

将来は、大学院への進学も考えています。

あやの

今回はインタビューを受けてもらって、ありがとうございます!
イサム君のバイブルである「アウトプット大全」読んでみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です